スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムキーーー

mixi内のニュースや。
悲しいワンコのニュースがあるときがありますね。
愛犬家なら誰もが「どうしてそんなひどいことを?」「そんなことするなら最初から飼うな」とか憤るはず。
今日見かけたのは、「子供が出来たので愛犬を引き取ってくれませんか?でないと保健所に連れていかなければならない」なお話。

…………………。

どういうつもりでワンコを扱っているのだろう。
たかが犬?たかがペット?それとも、ただの番犬?
お子さんが出来たことはおめでたいと思います。でも私からしてみれば、口がさけても「おめでとう」などとは言ってやりたくない。
子供とワンコ。比べるのもおかしな話かもしれない。どちらが大切か、なんてことは人それぞれで違うし、強要できる部分でもない。
どちらが大切、とか決める必要さえないと思う。
だけど、この話を出した人間を私はひどく軽蔑します。
そして私と同じように思う方がおそらく他にもいるってことを知らせてやりたい気分です。
ただのニュース的なお話なんて、どこの誰かも知りませんが。
なんだかワンコ関係のお仕事をされている方の「こんなことがありました」なニュースページだったので、もうずっと昔のことなのかもしれません。
でも!
深い事情があるのかもしれない。だけど、事情があろうとなかろうと、結果は同じです。やっぱり軽蔑します。
こういう人には何をどう言っても分かり合えないとは思いますが。

ムキーーーーーーー!!!!!

はー、ムカついた。
もしどこの誰だか分かるなら、殴ってやりたい。ぺっぺっとつばを吐きかけて、ボコボコだ!
願わくば、そのワンコがちゃんとした人間のもとで暮らしていますよう。


こういうわんこと、愛されて愛されて生涯を終えるわんことはどこがどう違うんだろう、と考えてしまう。
私はプーがかわくてかわいくて、いとおしくて。
プーも私を大好きで大好きで、私と触れ合っているだけで幸せになってくれて。
そんな私たちや、ここを見てくださっている愛犬家の方とその大切なワンコたちと、その子は一体どこがどう違う?

違うのはきっと「人間側」だけなんですね。
ワンコは同じはず。
うちのプーと同じように、ご主人を信じて「この人が好き」「この人のそばにいれば幸せ」って思っているはず。
ただ、それが一方通行なだけ。

プー。
言葉を持たないプーだって、私はプーが何を伝えたいのかわかってたよ。
でも、伝わらないワンコや、伝えようとしても受け取ってくれないで、人の手のあったかさからはじき出されてしまう子がいるんだね。
きっとプーと同じなのに。どっこもちがわないのにねぇ。

親ばかで愛されてるプーは、こんなふうに嬉しそうに笑ってました。
二の腕や太ももが立派過ぎて、まるで白いブタさんのような飼い主でも、こんなに嬉しそう。

20070811-0819 (9)

たまには「くるしー」ってくらい抱きしめられたり。

2006-2007年末年始 (21)


ワンコのくれる信頼と愛情と同じだけのものを返せる人間は少ないのかもしれない。
だって、すごい量なんだものね。
プーや、他のワンコたちがご主人にくれるものはとてもじゃないけど、私たち人間には抱えきれない。
抱えきれない分、私はプーより長く生きれる生き物で、「プーの最初っから終わりまでを見届けなさい」ってことなのかもね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミサさん

こんばんは!
本当に「ムキーッ」となる記事ですね・・・

でも、よるのお散歩に公園に行っていた頃
おばあさんが、小さいワンコを連れていたのですが
いつも、よそ見をしては怒られ
私たちが、見ていると叩かないものの
毎回、会うたびに怒られてたワンちゃんがいました・・・
毎回、悲しくなりました・・・
だから、いつも会わないように願ってました・・・
引き取れない限りは、何も言えなかった・・・
いつも「どうして飼ったの?」と思っていました・・・
「なんで、そんなに怒らないといけないの?」っと・・・

野良ちゃんを、見るたびに
よると一緒なのにな・・・と思います・・・
寒さい中ウロウロして、とってもかわいそうです・・・
お腹すかせていないかな・・といつも心配で
お散歩バックにカリカリを入れて持ち歩いてました・・・
何の解決にもなりませんが・・・

どれも、これも人間の勝手なせいですね・・・
悲しくなるくらい、勝手な人がいると言う証拠ですよね。
そのmixiの方も、せめて近くで責任をもって
貰ってくれる人を探して欲しいですよね

その子が、もっともっと素敵な優しい飼い主さんに
会える事を、切に願います・・・

二の腕や太ももが立派すぎて白ブタさんのような飼い主でも
って、笑っちゃいました~
少し納得(ミサさんごめんなさ~い!)
でも、ワンには世界でたった一人のミサさん
ぷーちゃんも、世界でたった一匹しかいないプーちゃん
ですものね!
ほんと、ぷーちゃんのお顔!この上なく嬉しそうだわ~
「ギュー」とされても、嬉しそう!

今、ペットブームで誰でもペットを飼えますが
大変さもよく分かってほしいですよね・・・・
一匹でも、幸せなワンが増えますように
心から、願っています。

ミサさんの「ムキーッ」に私も同感
「ムキーッ」な思いです!!

初めまして!

にほんブログ村から偶然こちらのブログにやってきました。
ミサさんとプーちゃんの絆の深さに感動して涙流しながら拝見してます。

私は去年の12月にワンを家族に迎えました。
名前をシエラと言います。1歳です。
シエラは沖縄の里親サイトから引き取りました。
飛行機に乗って富山まで来てくれたんです。
シエラからしたら「何であっちこっち居場所が変わるのか?」
「何でこんな狭い所に押し込められるのか?」って不安だったろうと思います。
里親に出された経緯は知りませんが、過去の不要なストレスが確実に残っているようで、5ヶ月経った今でも分離不安な様子を見せます。
うちは幸せなことに職場にも連れて行けるので24時間のうち離れるのは1時間も無いと思います。
まだ来て5ヶ月ですし、これから時間をかけてゆっくり癒していけるよう愛し尽くしたいと思ってます。

シエラに会えて本当に幸せですし、保護して下さった里親サイトの方にも感謝してます。
たまに目にするこういったこういった理不尽なニュースも氷山の一角なんでしょうね。
ある意味、手放す理由はどうあれ新しい家族を探そうとしている飼い主はまだ少しはまともなのかもしれない。
何の努力もせずに捨てたり保健所へ持ち込んだり飼育放棄したりする人の方が多いのかも知れない現実。
悲しくなりますね。。。
ミサさんの言うとおり、多くを望む人間とは違って、ワンちゃん達の望みはきっとささやかだと思います。
そのささやかな願いさえ叶わない世の中に愕然とします。

私もシエラが来るまでは ペットを飼おうと思ったことは無かったんです。
自分と家族のことで精一杯で・・・
でも今は自分がお腹を痛めて産んだ子のようにシエラが愛おしい。
いつもピッタリくっ付いて、いつも私を目で追って、いつも話しかけられるのを待っているシエラ。
切なくなる程一途な子です。
私は本当に幸せ者です。
こんな幸せを感じる前に放棄しようとする人達がかわいそうになります。
もっと根気強く愛情を持って絆を深めていく努力をして欲しいです。

ミサさん、このブログをがんばって続けて行って下さい。
きっと多くの人達の心に届き、私のように『絶対この子の命が尽きるまで守ってみせる!』って気持ちになる人が増えていくと思います。
ほんとにそう思います。
ミサさん、プーちゃん、ありがとう!!って感じです(*´ェ`*)ポッ

初めて来て、こんな長々とすみませんでした。
これからもちょくちょく遊びに来ます。
お体に気をつけて、お仕事がんばって下さいね。
ヾ(@^▽^@)ノ~~~サヨナラ~~~

No title

はじめまして。
ブログ村からきました。

うちには今2匹の保護わんこがいます。
いままでに3匹のわんこを虹の橋に送りました。
5年前に15歳で亡くした子はノラ犬を保護して15年ずっと一緒にいた子です。
15年は長いですよね。
その分悲しみから抜け出せない約1年近くペットロスになりました。
今も忘れることはないです。
ですが、想い出になりつつあります。
それは1匹のわんこ、「クック」と出会ったこと。
ケガをしてて動けない様子でした。
見捨てられない。でも、また亡くしたときの悲しみが・・・
葛藤しましたがやっぱり連れて帰りました。
警戒心の強い子です。でもやさしい女の子です。
そして昨年うちの裏に突然あらわれた「ルル」
お調子ものの男の子。
年齢も性別も育った環境もちがう2匹。
どたばたですがなんとか仲良く?やってます。

私もmixiやってますが、勝手な理由で犬や猫を捨てる人がいます。
大型犬は面倒みきれないから小型犬にしたいとか・・・
電化製品でも買い替えのような理由だったり。
本当に怒りで震えますよ!!

うちはまだお骨ありますよ。
離れたくないし、一緒にお墓に入るつもりです。

ぷーちゃん ちょっとルルに似てるかな?

またお邪魔します。

Re: No title

>よるままさん
こんばんわ、白ブタです。

彼氏に言ったら「おまえはそんな平和な感じじゃないよ、もっと攻撃的な生き物だよ」と言われました。
うーん…。
プーに関することや、ワンコに関することならマザー・テレサ並になれるんですけどね。

ほんとに身勝手な飼い主が多いこと!
陪審員制度が始まりましたが、ワンコ虐待などの裁判だったら、諸手をあげて「有罪!有罪!」と叫びたいところです。
でも、悲しいかな、私たちとそういう飼い主たちの価値観が違うんですよね…。
価値観だけは、押し付けられるものでもなく、「もっと大事にしなさい」って言ったって、本人にとっては「たかが犬じゃん、なんで?」で終わるんでしょう…。
であれば、せめて、そういう人たちはワンコを飼わず、ワンコと無関係に生きていってほしいものです。関わってほしくないですね。

その公園のおばあさんも、与えられる愛情を当たり前だと思って、傲慢になってしまったのでしょうか。
ひたむきに飼い主を思うワンコは、飼い主の一挙一動で人生が決まるというのに。

ほんとに私のこの無駄に強い二の腕で、がつんと殴り飛ばしてやりたいですね。

よるちゃんやプー、それから私たちが知り合えたブログ仲間さんたちのワンコの幸せは、ワンコたちにとっては、とてもとても貴重なものなのかもしれません。
よるちゃん、よるままさんと出会えてよかったね!
よるちゃんがどんなにワガママ言っても、よるままさんが受け止めてくれるよ。だからもっともっと長生きして、よるままさんに一杯かまってもらわなくちゃね!

No title

>シーママさん
こんばんわ、コメントありがとうございます!
シエラちゃん、家族が見つかってよかったです!
職場にも連れて行けるなんてうらやましいー。シエラちゃんにとっては、幸せ倍増ですね。
5ヶ月ってきっと信頼を勝ち取るには充分ですよ!
きっともうシエラちゃんにとっては、シーママさんはなくてはならないもので、どんな時だってどんな場だって「ママといれば大丈夫」って思い始めてる頃ですね。
そうなると、いとおしさはもっともっと増えます!これから、年を追うごとに、倍の倍の倍にだって増えていきますよ!

どんな理由にしろ、シエラちゃんがシーママさんのところに来たことは、シエラちゃんにとっていいことだと思います。
これからも健康に長生きして一杯一緒に過ごせるといいですね!
飛行機に乗ってまで、シーママさんのところに来てくれたシエラちゃんは、「幸せになるため」に飛んできたんですねー。
今度、シエラちゃんのお顔が見たいです!

シエラちゃんのように、幸せを手にしてくれるワンコがもっといっぱいになるといいですねー。でも、シエラちゃんの幸せは、シーママさんの健康があってのことだから、シーママさんもご自身のお体にはくれぐれも気をつけてください。
シーママさんがいなくなったら、シエラちゃんは里親に出された時の百倍以上、淋しくて不安で不幸になってしまう!シエラちゃんの幸せは、シーママさんあってのものだから。

また遊びに来てくださいー。
シエラちゃんの近況、聞かせてくださいね。もし、ブログお持ちだったらぜひぜひURL教えてください。

No title

>うーたんさん
こんばんわー。
ルルちゃん、実はお顔知ってます。ブログ拝見したのですー。コメントせずに、帰ってきてしまってすみません!お顔が見れただけで満足してしまったのです。
ほんと、ちょっと似てますね!
鼻のでかさかな…(笑)

一緒に過ごしたワンコのことは私も忘れたことはありません。次男プーはもちろん、長男アローのことも、忘れるわけがない!
四本足で私よりずっと早く走れるくせに、私の傍にいることを選んでくれた二匹は、私の幸せの種でした。うーたんさんにとっても、きっとそうですね。

今、うーたんさん宅にいるワンちゃんたちも、毎日笑顔で毎日幸せですね!

大型犬は見切れないから小型犬に、なんていう人間は、もうワンコには一切関わってほしくないです。火がついたタバコの先を眉間にねじ込んでやりたい。
本当に…。
どっかの国のように「ワンコを飼う資格」っていう資格を設けてほしいですね。
でもそれだと、私のように仕事をしていて留守が多い人間は資格剥奪かもしれませんが…。それでも、設けてほしい。
資格がない人間がワンコを飼うこと自体を罪、と出来れば、少しは減るんじゃないかと思います。
ワンコを想えない人間はせめて、ワンコとは一切関わりを持たずにいればいいのに…。

うーたんさん宅もまだお骨、あるんですねー。
私はもし将来、「自分の家」を持てたらその庭に埋めるつもりです。持てなかったら…、うーんやっぱり同じお墓に入れてもらおうかな。
今はまだ、離せないです。
私の自己満足だから、プーとアローはもうさっさとお空の上で、遊び呆けているとは思いますけどね(笑)

No title

こんばんは
そしてはじめまして。
お名前はじゅりままさんやよるままさんのところで拝見しておりました。
ミサさんをしり、それからブログをゆっくり読ませていただいていました。

うちの子もよるちゃんと同じ年ですがやはり保護わんです。
今思えばその親やも引き取ればよかったと胸が痛みます。
きょうだいもそれぞれ里子に出されたようですがみんな存命かどうかは
知る由も有りません。

命の重さは一緒のはず、
たとえ血統書付きの純毛種であろうと保護わんであろうと。
私も動物の話題には血が登りやすいタイプです(笑)

そうそう、メイペットも前回獣医さんで5日分分けてもらいました、
まだ効果は良く分かりませんが続けようかな?と思ってる最中です。
もしまだおありなら少しお分けいただけるとありがたいのですが
いかがでしょうか?

No title

>sachikoさん

本当に血統に関わりなく、ワンコはどんなワンコでも愛しい存在です。
愛しく思えないなら飼わなければいい、関わらなければいいと思うのに、どうして飼っては捨てたり果ては虐待したり、という人間がいるのか…。
それがたいした罪にならないことがひどく疑問です。

よるちゃんと同じ年ということは、長生きさんですねー。
生きている時間そのものが全部、sachikoさんの宝なのだと思います。
愛犬との時間との価値は飼い主さんでないと、実感できない世界で一つの宝ですねー。

メイベット、1週間分で宜しければお送りいたします!
ご住所、教えていただけますか?
ここで「管理人のみ表示」でいただければ、お送りします。
メール便で送るので、少しお時間かかりますが…。
少しでもお役にたてると幸いです。
ブログにも遊びに行かせていただきますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

misa1026

Author:misa1026
飼い主:ミサ
愛犬:プー(オス・15歳・MIX)

プー:1993年5月頃生まれたんじゃないか、と見ています。その年の7月に保護したとき、生後2ヶ月くらいと言われたので。
2008年の5月末から体調をくずし、病院通い。それからあっという間に、よぼっとし出して、今じゃ立派に「老犬」風味を出しています。

その後、2008年11月13日の夜に天使になりました。
今は思い出と老犬の介護や病気などを綴る日記になっています。


飼い主:東京都下在住/会社員/1977年生まれ/どっちかっていうとインドア派
いわゆる普通の人な私です。
仕事中も愛犬が気になって気になって。 ました。




とにかくワンコが好き。
わが子が一番かわいい。
でも全てのワンコが好き。
ワンコ大好き、ワンコ狂い、ワンコのためなんだって、と同じ志を持つ方とお知り合いになりたいです。


よろしければ、ポチっと↓

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログよりも簡単!犬のコミュニケーションサイト「ドッグゴー」 -【ペットゴー】;


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。