スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬介護 徘徊の巻

こんばんわ。
映画三昧でもう朝方です。
洋画・邦画なんでも見ますが、ワンコ映画は見ません。
といっても、刑事の相棒ワンコが主役のやつや、101など、ハッピーが決まってるものなら見ます。
感動狙いのものや、飼い主とワンコの絆メインのものなどは絶対見ません!
だって、亡くなってしまうシーンなどがあるので…。
ワンコバカの私はたとえ映画でもだめなのです。どんなものを見ても、プーやアローと重ねてしまうので…。
刑事の相棒ワンコのやつは、「なんて利口な子なんだ。それに比べてうちのは…」と思いますけど。


DVC00119.jpg
【何かに夢中なプーの下側】


先日のうんちに引き続き、今日は老犬の「うろうろ」で。
先日のうんちのことも、私はネットを通して出会った方に教えてもらったことです。アドバイスしていただいたことに、私流のやり方をほんの少し入れたり試行錯誤して成功したやり方です。本当にアドバイスしてくれた方々のおかげで、プーのうんちは出ました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。
「うろうろ」も、同じようにアドバイスしていただいたことや、私が試してみたやり方ですが、ほんの少しでも役立てばいいな、と思います。
プーの「うろうろ」は具合が悪くなった6月くらいに始まりました。
部屋中をうろうろして、普段は絶対近づかないお風呂や洗面所、机の下、椅子の下、いろんなとこに入り込みました。
それまで自らそんなとこに行くことはなかったので、おそらくあれが「痴呆」の症状でもあったのだと思います。
狭いとこに入り込み、顔だけ突っ込んだらバックが出来なくなります。
後退が出来ないので、前へ進むしかないのですが、障害物のせいで行けません。そうすると、怒って「ギャン!」と鳴きます。
「前へ行けないよ!」とクレームです。
障害物に突っかかり転んだり、ととても危なっかしかったです。

そして、円を描く。これはけっこう後半からでした。8月くらいかな…。
くるくる、くるくる。
同じ場所を延々と回り続ける。
広い場所であれば、放っておいてただただ見てます。でもやはり時間が長いと疲れてしまうだろうし、休ませないと不安だったので、そういうときは抱っこしてやめさせました。
抱っこもずっとしているのは私がしんどいです。
なので、座ったまま抱っこしていました。
そして、目を手で覆います。
片手では体を撫でたまま「ここにいるよ」と声をかけつつ、瞼を下ろさせます。
瞬きの感覚が手のひらに感じることが出来て、大変かわいかったです。
しぱしぱ、とやってました。
でもそうこうするうちに、不思議と落ち着いてくるみたいで、落ち着くまで手で目を覆ってると、あとはもう、寝ちゃうか、ゴロゴロしてました。
抱っこがきつい大型犬の子にはむずかしいかもしれませんが…。
「タオルで顔を隠しておくと大人しくしてた」って教えてくれた方もいらっしゃったので、それと同じなのかなー。
うちのはタオルだと、見えない不安のが大きいのか不満そうでしたが、私の手なら平気でした。
背中をぽんぽんやりながら、片手で目を隠してるとほぼ寝ましたね。
でも寝るまでは、一時間とかかかりますけど…。
「うろうろ」も、歩かせることが体に悪くない子であれば、そのままでいいんじゃないかと思います。うちのは体力も少し落ちてたし、後ろ足が弱ってたのですぐ転んじゃうんですよね。壁に頭を打ったりもありました。
それが怖いので、「うろうろ」も20分か30分したら、あとは抱っこで目を隠して、休ませました。

DVC00134.jpg
【座ってる私の腹を枕にうとうと】

私が寝てる間に「うろうろ」が始まることも多々ありました。
そんなときは、ベッドへ入れて隣に無理矢理寝かせて、やっぱり目を隠して、ぽんぽん、と。
それでもダメなときは、何時だろうと抱っこして外へ出て少し散歩をするとおさまってましたが…、今の時期は寒くてかえってワンコの体に悪いかもしれませんね…。

「うろうろ」のお世話はけっこう大変です。
家具にぶつかるので、配置を変えたり、すべらないようにマットを敷いたり、といろいろやりました。

081006_200304.jpg
【廊下に敷いてたマット。床の冷たさも軽減してくれました】


なによりきつかったのは、夜中に始まったときの場合でしょうか。
見ていないと危ないし、こちらは寝不足です。イライラも当然しました。
「もー、いいかげんにしてー」と言ってしまったこともあります。
だけど、プーだってしたくてしてたわけじゃない。
それが老化ってものだし、一種の症状であっただけです。
今思えば、ですけど…。
寝不足で余裕がなくて、それでも可愛くて…。いつも自己嫌悪とイライラと悲しさが少しずつありました。

徘徊がひどくなり、体力が顕著に落ちていたときから、病院の先生が睡眠導入剤を出してくれました。
「アセプロマジン」というやつです。
うちの子には4分の1錠で充分でした。ちなみに、約9キロのプーです。
私が行ってた病院では、一週間で1000円でした。
安静が一番、と言われ使用を決めました。
これを飲むようになってからは、6時間くらいはぐっすり寝てくれました。
眠れると少し体力も戻っていたように思えます。
もし、何をしてもダメで、ワンコも辛そうなのに「うろうろ」が止まないときには、病院に相談してみてください。
お薬の副作用がすぐ現れるってことはあまりないようですし、残酷なようですが、そうなってから最期までの時間の長さを考えると「今、ぐっすり寝かせてあげることができる」ことが優先するような気がします…。
もちろん、病院に相談の上のご使用を、って前提ですけれども。


本当は、ご主人の手のぬくもりを感じながらのんびりしてくれるのが断然一位ですね!
どうかどうか、ここを見ている方の大切な子たちが、ご主人と一緒に暖かい時間を過ごしていけますよう。少しでも長く長く!


DVC00138.jpg
【「みんな、長生きしてね!」とやりたいとこですが、「でよー、部長がよー、もうやってらんねーよ」って顔に見えます】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミサさん

こんばんは。
よるも、最近ウロウロがひどいので心配してます・・・
きっと脳の老化だと思うのですが・・・
あんまりにも、ウロウロハアハアしていると心臓に負担になっているだろうな・・・
と心配です・・・
でも、動きを止めると嫌がるのです。
気圧や温度の変化で、ウロウロがあったり
全くなかったりします。
どこも痛くなければ、ウロウロもいいのですが
気になるんですよね・・・
狭い所に入る事は、まだありませんが・・・

プーちゃん「何?僕の事話してる?」って言っているようですね!!

>よるままさん
よるちゃんのうろうろも頻発しているようですねー…。老犬ちゃんだと仕方ないことといえど、ご主人のよるままさんの大変さはよくわかります。
ハアハアしているのってやっぱり暑いのかな…。老犬ちゃんは体温調整が若い頃よりもうまくいかなくなってしまうことがあるようですし、心配ですね…。
徘徊がサプリで治ったという方もいらっしゃたので、体に悪いものでなければいろいろとお試ししてみるのもいいかもしれませんね。
夜になると寝て、朝になると起きる、という生活をしていた頃がなつかしくなりますよねー。

ほんと老犬ちゃんと暮らしていると、ご自分の時間もなかなか持てなくなりますが、よるままさん自身のお体にもくれぐれも気をつけてくださいね!!
よるちゃんのうろうろが、よるちゃんにとって辛いものでないことを願います!


このプーは「台所でラーメンを作ろうとしている私」をガン見しているとこでした!
まだ私の動きを目で追ってくれるんだ、ととても嬉しく思ったのを昨日のことのように感じます。

No title

はじめまして。内の実家に17才になるケン君という雑種が居ます。最近徘徊がひどく、老犬の徘徊で検索していたら出会えました。ほんとにまさしく同じ状態なので泣けてきました。病院の先生も驚くほど体格も良く食欲おうせいですが、最近おかしいくらいに部屋の中を延々と徘徊してます。もうそう長くないいつかの覚悟はみんなでしてるのですが。。。なかなか無理ですね。その日が来た時の父母を思うとこれもまた辛いです。

No title

>ミネコさん
はじめまして。
17歳のケンくん、その後いかがでしょうか?
徘徊は痴呆の症状としては、とっても多いみたいですね。
うちのプーもほんとに飽きずにずっとぐるぐるぐるぐるしてました。
今となっては、それを見ていれた時間さえも、幸せですが…。

いつかはやってくるお別れのとき、どうかケンくんの傍にいてあげてくださいね!
ケンくんもきっと痴呆になっても、「お父さん」や「お母さん」そしてミネコさんの匂いは覚えていて、探し回ってるはずです。
徘徊の老犬のお世話はほんとうに大変ですが、どうかご家族みなさんでケンくんから離れないであげてくださいねー!
そして、ミネコさんたちご家族も交代しつつ、ご自身のお体もご自愛ください!
老犬介護は体力勝負です!

No title

お返事有難うございます。前には書き忘れていましたが、私は去年結婚して家をでてます。両親はその寂しさをケン君で紛らわそうと以前に増してケン君を可愛がってるのです。だからなおさら。。。
今のケン君は徘徊は毎日ですが、安定してます。食欲もあるし。もう食べたい時に食べたいだけあげてるようです。もうそれでいいとおもいます。

No title

>ミネコさん
レス遅くなりすみません。
ミネコさんはケンくんと一緒には暮らしていらっしゃないのですね。
では、お父さんお母さんのためにも老犬に関してのいろんな知識やネットで仕入れた情報など、たくさんたくさん送ってあげてくださいねー!
老犬介護はほんとに体力を使います。
お父さんお母さんのお体にも、くれぐれもお気をつけください。

ケンくんが少しでも長く、お父さんお母さんと過ごせるよう祈っています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

misa1026

Author:misa1026
飼い主:ミサ
愛犬:プー(オス・15歳・MIX)

プー:1993年5月頃生まれたんじゃないか、と見ています。その年の7月に保護したとき、生後2ヶ月くらいと言われたので。
2008年の5月末から体調をくずし、病院通い。それからあっという間に、よぼっとし出して、今じゃ立派に「老犬」風味を出しています。

その後、2008年11月13日の夜に天使になりました。
今は思い出と老犬の介護や病気などを綴る日記になっています。


飼い主:東京都下在住/会社員/1977年生まれ/どっちかっていうとインドア派
いわゆる普通の人な私です。
仕事中も愛犬が気になって気になって。 ました。




とにかくワンコが好き。
わが子が一番かわいい。
でも全てのワンコが好き。
ワンコ大好き、ワンコ狂い、ワンコのためなんだって、と同じ志を持つ方とお知り合いになりたいです。


よろしければ、ポチっと↓

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログよりも簡単!犬のコミュニケーションサイト「ドッグゴー」 -【ペットゴー】;


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。