スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらきら

すっかりクリスマスですねー。

PB230038.jpg


私は12月生まれなので、誕生日のこの時期は街がきれいで少し得した気分です。
でも去年までは、誕生日もクリスマスもプーがいました。彼氏とはなかなか会えないので、誕生日もクリスマスも一人だってプーがいたから、おうちにいてつまんないことはなかった。
今年は…、つまんね。

まだまだ。
まだまだ。

ここ最近は、おうちに帰ってきてもちゃんとプーがいないことは分かっています。
プーの毛の手触りも、重さも、息遣いも、私を見つめる一心な視線も何一つ忘れることはなく、思い出そうとしなくても、浮かんできますが、「いない」ってことは分かる。

だけど、抜けないのは「感覚の癖」ですね。
仕事をしていれば、プーがうちで待ってる気がする。
残業で遅くなれば、早く帰らないとって気分になる。
寝る前になれば、プーがベッドにあげて、って待ってる気がする。
寒くなれば、プーが寒がってる気がする。
雨がふれば憂鬱になる。プーの体が濡れてしまうので。
エビフライの尻尾は残してしまう。プーが好きだったから。
クリームパンは一口残してしまう。
旅行に誘われれば、プーがいるからって躊躇してしまう。
朝が来れば、お水を替えないといけない気がする。

15年で培ってきたこの感覚は、そう簡単には消えてくれそうもありません。

もし、ここを見ている方が、老犬という歳のワンコと一緒に暮らしているのなら、どうかどうか、一分一秒を惜しんで、その子と過ごしてください。
どんだけ一緒に過ごしても、お別れがくれば「もっと一緒にいればよかった」と思うでしょう。
もっともっと、抱きしめて、もっともっと、って。
きっと愛犬家の方なら、万人がそう思うはず。
もし、老犬がおうちに待っているのなら、どうかこの際、ご自分の用事より、ワンコを優先してあげてください。いろんな事情でそうも言っていられない方はいっぱいいると思う。でも、そこをどうか。
人の事情はワンコには分かりません。
ただ、ご主人が一緒にいればいいんです。
いなくなってからの後悔は、はっきり言って人間側だけの都合です。
ワンコは、ただご主人といっぱいいれればいれるだけ幸せなだけです。
って、私は今、思ってます。

私は父を亡くしたとき、一番悲しかったのが、もっと感謝を伝えればよかったとか、もっと親孝行すべきだった、とかじゃなくて「私がパパをとても大好きだったこと、パパは知っていただろうか」でした。
そこんとこ、ちゃんと言えばよかった。もし、「娘に愛されているだろうか」って不安を持ったまま、逝ってしまったんだったら、と思って、わんわん泣きました。
人同士だと、言葉が伝わるにも関わらず、なかなか伝わらない。
ワンコは、言葉が通じないのに通じちゃう。
だから、プーがいなくなったとき、そんな気持ちにはなりませんでした!これがどんだけのことか!
すげーって思います。
プーは私が、彼をものすっごく愛して愛して可愛がっていたこと、この世で一番知ってる。
それってすげー。

だって見て。
私が抱っこしてるとき、と、ばあちゃんが無理矢理抱っこしてるときのプーの顔の違い!

P5050465.jpg

「えっへっへー」なプー。



P1031262.jpg

「……暑いんだけど」なプー。



これはばあちゃんに言うと、ものすごい反論くらうので言いませんが。
でもプーは私の犬だから。
私がどんだけ愛してたか、プーは知ってたから抱っこすればこんだけ嬉しそうにしてくれる。


今年は誕生日もクリスマスも、一人かあ…。
今日の長い独り言でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミサさん

こんばんは!
X’masのイルミネーション綺麗ですね~
さっすが東京!お誕生日も12月ですか~
寒い時にお生まれになったのですね!
私も、暑い暑い夏生まれですが・・・

プーちゃんのお顔、ほんとに全然違いますね~
おばあさまには、申し訳ないけれどミサさんに
抱っこしてもらってるプーちゃんは「えへへへへ~いいだろ~」って言ってる!
お耳まで嬉しそうな表現で力が全然入ってない、全身を預けてる!
すごいですよね~こうやって並べてみてみると・・・

長年、愛犬と暮らしてると私と愛犬にしか分らない何かが、ありますよね・・・・
きっと、ずっと忘れる事はないですよね!

私も、できるだけよると一緒にいてあげたいと思います。

こんばんはv-411
早速遊びに来てしまいました。@^^@
クリスマスのイルミネーションきれいですね。
うちもリーフを飾りました^^

ぷーちゃん。ミサさんに抱っこされて本当に幸せなお顔ですね。
ミサさんのブログ読んで、今2階で一人寝てる金太郎のそばに早く行かなきゃ!と心からおもいました。
どんな予定より、金太郎を優先させてるし、どこに行くにも一緒だし、誰よりも、誰よりもそばに居るけど、2階で寝てるときはだけは離れてます。。。
どんなに一緒にいても別れの時、もっと一緒にいたいと思う。。。
本当ですよね。抱っこができるうちに触れるうちに、。。。。
それでも足りないくらいなのだと思うと思います。
そ~~と、金太郎に会いに2階に行ってきますね~~~~!


>よるままさん
イルミネーション、きれいでしょー。
去年まではプーも一緒に見に行ったりしてました。プーはキラキラにはまったく興味を示しませんでしたが!
よるちゃんにも見せてあげたいなー。
あ、届いたみたいでよかったです!
試供品みたいな感じで試してみてください。
腎臓・肝臓はどうしても歳とともに弱ってしまう箇所なので少しでもよるちゃんの健康に役立てばプーも嬉しいです!



>こみちぃさん
さっそく遊びに来ていただいてありがとうございます。金太郎ちゃん、その後いかがですか?
寒さが日に日にきびしくなってきますが、あったかくしてあげて、ほこほこ金太郎ちゃんでいれますよう。
ほんと、できる限り一緒にいてあげてほしいです!老犬という域に達すると、やっぱりいつかの日を考えてしまうと思います。その時、飼い主として言ってやれる言葉が「ごめんね」以外だといいなぁ、と思います。
私もごめんね、と思う部分もいっぱいありますが、でもプーはきっと幸せだったと思うので!
金太郎ちゃん。これからも元気で長生きしてね!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

misa1026

Author:misa1026
飼い主:ミサ
愛犬:プー(オス・15歳・MIX)

プー:1993年5月頃生まれたんじゃないか、と見ています。その年の7月に保護したとき、生後2ヶ月くらいと言われたので。
2008年の5月末から体調をくずし、病院通い。それからあっという間に、よぼっとし出して、今じゃ立派に「老犬」風味を出しています。

その後、2008年11月13日の夜に天使になりました。
今は思い出と老犬の介護や病気などを綴る日記になっています。


飼い主:東京都下在住/会社員/1977年生まれ/どっちかっていうとインドア派
いわゆる普通の人な私です。
仕事中も愛犬が気になって気になって。 ました。




とにかくワンコが好き。
わが子が一番かわいい。
でも全てのワンコが好き。
ワンコ大好き、ワンコ狂い、ワンコのためなんだって、と同じ志を持つ方とお知り合いになりたいです。


よろしければ、ポチっと↓

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログよりも簡単!犬のコミュニケーションサイト「ドッグゴー」 -【ペットゴー】;


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。