スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのときの迷子っぷり

こんばんわ。
今日はプーの若かりし頃の思い出を。
ワンコと暮らしてれば、千のネタがあり、万の思い出がありますよね。
そのうちの些細な思い出です。



最近は東京では野良犬などまず見ません。
放浪ワンコも見ないし、捨て犬も見ない。
いいことなのですが、私が小学校くらいのときにはまだうろうろしてるワンコとかいたなー…。

プーも3歳くらいのとき、派手に迷子になりました。

FGFDVC20036_I.jpg

【私のパンツをかぶるプー】

その頃はまだお庭にプー小屋を作り、そこで生活をしてたプーたん。
首輪をすぽっと抜け、気付いたら冒険に出かけてました。
当時、高校生だった私が夕方帰ると、アローちゃんの「おかえり」しか聞こえない!
プーは?と小屋を覗いて真っ青になりました。

いない!

そこからプーの捜索開始です。
でも両親ともまだ帰ってないので、地味にチャリンコで捜索。
制服のまま、でっかい声で「プー!プーたん!」と叫ぶ私に近所の人も「あの黒い犬か」とか「最近増えた方のワンちゃんね」とか声をかけてくれました。古きよき日本。

でもどれだけ探してもいない。
1時間ほど捜索したあと、「アローちゃんの鼻でプーを見つければいい」と気付き、アロー号とともに捜索を再度開始。が、アロー捜索隊員はプー探しよりも己の楽しさを追及するタイプでありまして…。
いつもの場所にしっこ、いつもの場所にうんち、そしていつもの折り返し地点で帰宅を選択しました。
私のあのときの顔といったら。
「えー………」と、しょぼしょぼした顔になりました。
アロー隊員を帰宅させ、再度一人で捜索。
夕方5時くらいから始めてた捜索も、気付けば午後9時過ぎに。

あのときばかりは、もうだめだ、と思いました。

それでも諦めるなんて出来るはずもなく、何度も走った場所を何度でも自転車で走りました。
すると、暗闇から「きゅー」と。
耳をすますと、「きゅーーーっ、んくっ、くーー」と。
まさに鼻たれ小僧の泣き声のごとき、鳴き声でした。
プーたん?と呼びかけると、暗闇の中、ぽつんと灯る閉店後の酒屋の前の街灯の根元に黒い塊!

うちのプーは、迷子の怖さからか、私を見つけても腰をあげることが出来ないくらいにビビってました。

「プーたん!!」と呼ぶと、「………え?」みたいにのろのろ立ち上がり、「…………!!!!!」な様子でようやく駆け寄ってきました。


DVC00027.jpg

【これはばあちゃんの庭で余裕しゃくしゃくで駆け寄ってきてる図。迷子時とは雲泥の差です。】

迷子発見時のあのときは、人間なら、まさに鼻水やら涙やらでぐしゃぐしゃになってる顔でした。
プーの約5時間の一人旅はこれ一回で終了。
あとに残されたのは、さらに私にくっついて回る極度の甘えん坊雑種ワンコのプーでした。
飼い主が想像するに、首輪がすぽっと抜けて自由になってから30分くらいは、一人を堪能していたのでしょう。そのうち、犬の帰省本能さえも忘れたプーはだんだんと不安になり、なんとか知ってるような気がする場所に戻ろうと努力するも、なかなか帰れず。
とうとう座り込んで、ひっくひっくと泣き出し、暗いとこは怖いから、少しでも明るい街灯の根元にへたり込んで途方に暮れていたと思われます。
おばかな子!



追記ですが、プーを連れて帰宅すると、アローちゃんは骨っ子をばりばりと噛みながら「あ、おかえりー」みたいな態度だったことを今も鮮明に覚えてます。

皆さん、迷子には気をつけてくださいね!!


DVC00102.jpg


スポンサーサイト

ゆめ

先日、プーが出てきました。
サプライズのように、アローちゃんも一緒です。
両親が離婚するまで住んでいた私の生家にいました。私はそこで今も変わらず住んでいて、プーが居間でちょこんと座ってました。
私はアローちゃんを抱っこしながら、「プーもおいで」と声をかけると、プーがいつものように走りよってきます。
「どこ行ってたの、抱っこ抱っこ」
と私の体によじのぼってきます。
「重い!爪が痛い!プーたん、ちょっと待ってよ」と私があたふたすると、アローちゃんが一言「邪魔!」とプーの顔を蹴りました。
プーはまさに「ガーン」な顔で、呆然としたので私は笑ってプーも抱っこしました。


というような夢です。
起きた後、しあわせでしあわせでしあわせで。
頭を撫でた感触も、全身を預けきられてるときの重みも、匂いも、全部鮮やかでした。
しあわせでしあわせでたまらない夢です。
起きたあと、久しぶりにせいだいに泣きました。

DVC00052.jpg


私がよく遊びに行くワンコブログの長老犬が先日亡くなったことを知り、大変ショックです。
おそらく知ってる方も多いと思われる老犬ちゃんのブログですが、本当に頭がさがるような甲斐甲斐しい介護をされ、その深い深い愛情で、介護というものを3年も続けていらっしゃった方です。
ご挨拶をしたことがないので、お名前は伏せさせていただきますが、老犬ブログランキングでもいつも上位におられる方です。
日々、様々な手作りグッズや、手作りご飯、そういったものをブログで紹介してくれていて、老犬を飼っている身としては、とても参考にさせていただいておりました。
あんなふうな立派な介護はきっと私には無理です。
そのご主人様に見守られ、旅立ったワンコちゃんのことを知り、分り過ぎるほどの悲しみや寂しさにもらい泣きしてしまいました。
どうか安らかに。そしていろんなことを教えていただき、ありがとうございます。
愛し愛されたワンコちゃんの旅立ちに心からのご冥福を祈ります。


老犬…、というよりペットと暮らしていれば、いつかは来る、その日。
ましてや、老犬ちゃんと暮らしている方は、明日は我が身、と身を切られるような覚悟と恐怖を抱えています。
この子がいなくなったらどうしよう、もう触れなくなるなんて、声を聞けないなんて、あの眼差しを失うなんて、と。
でも、ご主人である、飼い主さんがそう思うことこそが、ペットの幸せなんだと思います。
喪失感との戦いはそれはそれは、苦しいものです。
プーがいなくなってから、私もまだそれが終わる気配がありません。
だって、それこそが、私がプーを愛してる証でもあるんだし!


老犬を飼っているご主人様たち!
わが子の動く腹を見て、「今日も生きててくれた」と涙が出るほどに嬉しい日々をどうかどうか大切に過ごしてください!
そして、旅立つ子を見送り、悲しみ、寂しさにもがきながらも、新しい日々を送れるようになったら、ぜひぜひ保健所や保護団体にいる子たちに、その暖かい手を差し伸べてあげてください。

私も今年一杯、お金をためたり、と準備をしたら、また新しい家族を迎えようと思います。

DVC00007.jpg

プーの代わりはいないけれどね!

ワンコを飼うってこと

早いですねー。
もう3月とは…。
ってことは、プーたんが旅立ってから、早3ヵ月半。
これからは、月に1度か2度の不定期更新になるかもしれませんが、よろしくお願いします。


さて、人間だけで暮らすようになってから何が一番変化してるかっていうと、掃除の頻度でしょうか。
プーがいると、掃除機を3日に一度は必ず、夏場は1日一回とかでしたが、今は週に1度やれば充分です。
ゴミも少なくなったなあ…。
それはそれで快適なのですが、快適さを失ってもやっぱりプーが居る方が百万倍いいです。
↓こんなふうに散らかされても…。

DVC00026.jpg


今日の夕方にテレビでやってた、アニマルポリスの特集を見ました。
日本でもぜひ普及するといいですね。
ペットを虐待するような人間は、実名を会社や世間に広く発表し村八分になるがいい!!
また、ペットの一生を世話できるという人しかペットを飼えないような世の中になればいいと思います。
かわいい、だけで飼い、大きくなったから捨てる、なんて人間は麻薬をやる人間のように罰せられるべきだと思います。命を殺しているのだから、ある意味、麻薬とかよりも罪が重いのに、今の日本じゃあ、罪にもなりません。
そういう人間に育てられた子供がいるってことが恐ろしいです。
親がそういう人間なら、子供には罪はなくとも、影響を受けるのは確実です。さもしい人間になるのだろう、と私はそういう人間を軽蔑さえします。

私はワンコしか飼ったことがないですが、犬のお世話はそれはそれは大変です。毎日の散歩、ご飯、そして旅行も行けなくなり(もちろん信頼できるとこに預けられれば行けますよ)、病気になれば人間の3倍から5倍はお金がかかります。
そういったこと、ちゃんと覚悟している人だけが犬を家族に迎えられる資格があるんだと。
偉そうに言ってますが、ここは偉そうに言わせてもらいたいとこです!

な、プーたん。
DVC00040.jpg


まあ、プーは人一倍、甘えん坊なので手がかかる子ではありましたが、私がプーにかけた時間と比例してもまだ足らないくらいの愛情を私にくれました。
買ったばかりのサンダルや、買ったばかりのバック、たまーにしか買わない高いケーキや、気に入ってたラグマットも全て、プーの爪でとがれ、食われ、かみつかれ、無残な姿になりましたけど…。
………プーめ。

こないだちょっと計算してみたのですが、プーの15年にかかったお金はだいたい約500万くらいです。
もちろん、全てが私のお金ではないです。私が成人してからは私が出してたので、私の負担したのは、400万くらいでしょうか。
ワンコって、年に一回は検診もあるし、フェラリアの予防もあるし、あとプーは欲しがってないのに服代とか帽子代とかもあるんです!
それでも、我が家は少ない方じゃないのかなあ…。

これからワンコを飼おうって方、金銭面はほんとに覚悟してくださいね!
でも、そのかわり、こんなふうに安心しきって、隣で寝てくれるようになります。

DVC00009.jpg


これはプライスレス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

misa1026

Author:misa1026
飼い主:ミサ
愛犬:プー(オス・15歳・MIX)

プー:1993年5月頃生まれたんじゃないか、と見ています。その年の7月に保護したとき、生後2ヶ月くらいと言われたので。
2008年の5月末から体調をくずし、病院通い。それからあっという間に、よぼっとし出して、今じゃ立派に「老犬」風味を出しています。

その後、2008年11月13日の夜に天使になりました。
今は思い出と老犬の介護や病気などを綴る日記になっています。


飼い主:東京都下在住/会社員/1977年生まれ/どっちかっていうとインドア派
いわゆる普通の人な私です。
仕事中も愛犬が気になって気になって。 ました。




とにかくワンコが好き。
わが子が一番かわいい。
でも全てのワンコが好き。
ワンコ大好き、ワンコ狂い、ワンコのためなんだって、と同じ志を持つ方とお知り合いになりたいです。


よろしければ、ポチっと↓

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログよりも簡単!犬のコミュニケーションサイト「ドッグゴー」 -【ペットゴー】;


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。